毎日のきづきブログ

このブログは毎日の出来事からきづいたことをはっしんしていきます。

中学校

中学生 中間テスト 攻略法!!

投稿日:2017年5月21日 更新日:

僕の次男は中学校1年生、もうすぐ初めての中間テストの時期を迎えます。

この中間テストの結果で、生徒の勉強に対する、「やる気」が変わってくるというもの。

僕が中学生の時は、一生懸命に勉強し、5科目で450点は取っていました。

その時の勉強法を基に、息子にも伝えるべく、勉強法をまとめてみました。

 

 

 

 

 

勉強の計画を立てよう

2週間前から中間テストに向けて、具体的な計画をたてましょう。

普段からまんべんなく学習している人は、それを基に紙に書き出すだけで良いと思います。

 

逆に、普段しっかり勉強できていない人は、苦手な教科の割合を増やして予定をたてよう。

 

はじめの一週間は、その紙に書き出した、予定表を机の前に張り付けて勉強を進めていきます。

次の一週間は、学習の進み具合によって予定を変えていきましょう。

 

なかなか、思い通りに進まなかった教科もあるはずです。

その点を考慮し、残りの計画を変更していきます。

 

問題集を暗記できるほどやりつくそう。

僕の息子は、学校から問題集も一緒に配布されています。

そのような生徒は、その問題集を使用し、問題集が手元にない人は、学校で使用している教科書に準じた問題集を手に入れましょう。

もし、買う方法が分からなければ、本屋さんに使用している教科書を持っていけば、間違いなく買う事ができます。

 

問題集を使って勉強する時のポイントは、前に解けた問題でも、すぐに答えが出てこなかったら、

絶対にその答えの箇所を、教科書で調べましょう。

なぜなら、すぐに答える事が出来ていないときは、しっかり理解できていない場合が多いためです。

 

しっかりと、理解できていないと、少し問題の形を変えられただけで答える事ができなくなります。

  

前年の中間テストを手に入れる。

中間テストを作るのは、学力テストなどとは違い、学校の科目別の先生です。

・・・・・という事は各科目別の先生が前年と同じであれば、同じような出題傾向になってくるのが普通です。

 

ですので、どうしても手に入れたいところです。

手に入れる方法としては、部活動をしている人なら、先輩に頼むのが得策です。

部活動をしていない人なら、年上の兄弟がいる友達に聞いてみましょう。

 

ただ、注意する所は、問題集のひとつとして、前年の中間テストを勉強する事。

これだけに頼りきってしまうとしまうのは禁物です。

 

 

 

 

 

 

時事問題

最近は、中学校のテストでも、時事問題が出題される事があるそうです。

一番いいのは、普段から新聞、TVなどで、ニュースを見ている事ですが、そうでない人も多いと思います。

その場合、新聞が家にある人は、テストの対象となる期間の、一面(表紙)に目を通しましょう。

家に新聞がない人は、図書館を利用してください。

無料で新聞を見る事ができます。

 

テスト前日の過ごし方

テストの前日になれば、遅くまで勉強したくなるものです。

ですが、その気持ちをグッとおさえて、普段と同じ時間に寝るようにしましょう。

 

寝不足になってしまうと、頭がボーッとしてしまい、十分に力を発揮できなくなります。

 

目標点数を決めない

中間テストになると、科目別の目標点を定める様に学校から指導される生徒もいると思います。

 

やる気があるのであれば、ここは全て100点と書きましょう。

もちろん実際に100点を取る事は、かなり難しいですが、それ位の気持ちで努力しなければ、良い点数など取れません。

100点を気持ちで努力できれば、結果はおのずとついてきます。

 

 

 

の経験からいえば、教科書を読んだだけで満点がとれる。

授業を聞くだけで、満点がとれる。

 そんな天才には出会った事がありません。

 

だとすれば、あとはしっかり正しい方法で努力できるかどうかだけです。

 

小学生の時に、勉強が得意でなかった人も、中学生からでも十分にとりかえせます。

自分の可能性を信じ、しっかり頑張ってください。

 

-中学校
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

中学校入学式の挨拶

昨日、次男の中学校の卒業式に行ってきた。 次男の入学する中学校の、制服はブレザーだ。制服を着た次男を見て大人になったな、と思った。 僕は、中学校も高校も学生服だったので、ブレザーはとても新鮮に感じた。 …

自己紹介

<自己紹介> サラリーマン金太郎をこよなく愛する3人の子供の父です。 父が難病で他界。長男が重度の障害をもって生まれ、少し挫けそうになりましたが、家族に少しでも良い思いをさせる為、日々努力しております。 皆様の心に残る一言を書いていきたいと思っております。