毎日のきづきブログ

このブログは毎日の出来事からきづいたことをはっしんしていきます。

芸能

浅田真央の品に唸るたけし

投稿日:2017年4月16日 更新日:

4月15日のTVでたけしさんが、先日引退した浅田真央さんに対し、「品がある」「普通に質問に答えているだけなのに」

「品って何なのかね」とたけしさんは語った。

とても印象的だった。

134213 / Pixabay

 

「品」という言葉がとても引っかかったので、持っている国語辞典で調べてみた。

1. 品 ⇒ いい悪いの感じ  上品な感じ

2. 品に ⇒その人に備わっている、品の良さ

うーん、分かるようで分からない。

でも浅田真央さんを品があると言った、たけしさんの言葉はとても共感できる。

 

その品でいうと、同じフィギアスケートの羽生結弦さんも、間違いなく品があるだろう。

 

浅田真央さんの引退会見の終わりでは、記者が拍手をしたそうだ。これは記者会見の場では異例の事らしい。

そうさせるのは、性格の良さ・・・・品がある事も関係あるのだろう。

品の意味を自分なりに考えると、「恥じらいがある」「動作が美しい」位しか、思いつかない。

 

恥じらいがあるは  ⇒ 「大声で話さない」「控え目」が連想される。

動作がうつくしいは ⇒ 「歩き方が綺麗」「食べ方が綺麗」が連想される。

 

fotshot / Pixabay

こう考えていくと、今の日本人に品がある人はかなり少ないだろう。

そして、品がある人が好きな人は多いと思う。

 

昔、ラジオで品の事を語っていたのを思い出した。

「今日、私は地下鉄に乗りましたが、お祭りがあったので、浴衣を着た若い女性が沢山いました。

私は座っていました。ある駅で一人の女性が乗ってきて手すりに、手を伸ばしました。

その時、その女性は手すりを掴む、逆の左手で右の脇を隠しました。

それを見たとき、私はなんて素敵な品のある女性だろうと思いました。

この浴衣の女性をみた、ラジオのアナウンサーの感性も素敵だと思う。

 

品がなくても、おそらく日常生活に困ることはない。

品があるかどうかは、自分が決めるものではなく、他人が分かるもの。

そして、長い年月をかけて創られていくものではなるが、あっさりとなくしてしまう

儚いもの。

だけど、だからこそ身にまとうことが出来ると眩しいもの。

親として子供たちに、少しでも「品」があるように育ってもらいたい・・・・・・・そう思った。

 

フレシャス

 

 



-芸能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

北野たけしの思考

TV、映画などなど、以前変わらぬ活躍をみせる、北野たけし。 その存在は、他とは一線を画すものがある。 書籍も多く出版されTVでも格式のある言葉をはなつが、 その中で感銘を受けた言葉があるので、それを紹 …

不倫とラブソングの関係???

「不倫しているアーティストがラブソングを歌うのは説得力がない」とある有名人が発言して、話題になった事がある。 その時は、「擁護する声が多かったように思うが、はたしてそうだろうか? 少なくても、僕はその …

自己紹介

<自己紹介> サラリーマン金太郎をこよなく愛する3人の子供の父です。 父が難病で他界。長男が重度の障害をもって生まれ、少し挫けそうになりましたが、家族に少しでも良い思いをさせる為、日々努力しております。 皆様の心に残る一言を書いていきたいと思っております。